有酸素運動のすすめ – サイクルツイスタースリム通販

有酸素運動とは

ウォーキングで有酸素運動

有酸素運動はこれからダイエットをしようと考える人にとって、少なからず興味があることだと思います。

ダイエットをするためにはある程度の食事制限も必要ですが、健康的なダイエットを考えると3食の食事はきちんと摂り、運動による脂肪燃焼を平行して考えていかねばなりません。有酸素運動とは息切が切れること無くしっかり呼吸をしながら、人と会話をしながらでもできるような強度で20分以上の長時間続けることができる運動のことです。

有酸素運動にはいろいろ種類がありますが、ダイエットに適した有酸素運動とは長時間心拍数を一定に保ちながら単純でリズミカルな動作を行える、運動負荷が軽めでゆっくりした運動です。代表的なものはウォーキングやジョギング、水泳、その他エアロバイクがあげれます。

有酸素運動と無酸素運動の違い

運動は大きくわけて有酸素運動と無酸素運動というのもあるわけですがそれぞれ目的と効果が少し違います。その違いは簡単にいうと、運動に必要なエネルギーを作り出すのに、酸素を使うか使わないかです。

つまり酸素を使って脂肪を燃焼させてエネルギーを作りだすのが有酸素運動で、酸素を使わずに筋肉中の糖質を使ってエネルギーを作り出すのか無酸素運動です。

まず、無酸素運動で代表的なものは短距離走や筋肉トレーニングになりますが、目的と効果としては筋肉を増強して基礎代謝を上げることがあげられます。

無酸素運動の一番の特徴は瞬間的強い運動をすると筋肉中の糖質を使ってエネルギーを作りだすのですが、その時に筋肉に大きな負荷がかかるため、筋肉が増強していくのです。筋肉量が増やし基礎代謝を上げて太りにくい体を作るという効果があります。

一方、有酸素運動で代表的なものはウォーキングやジョギング、水泳で一番の特徴はエネルギー源として脂肪を燃焼するということです。

有酸素運動においても最初の内はエネルギー原として糖質を使うわけですが、長時間続けていると糖質が不足し始めます。そこでその代わりとして体内に蓄えた脂肪を分解しエネルギー原として使用し始めるのです。つまり有酸素運動はしっかりと体内に取り込んだ酸素と脂肪が結びついて燃焼する運動といえます。

有酸素運動がおすすめの理由

有酸素運動のすすめ

理想は有酸素運動と無酸素運動をバランス良く行うことが一番です。しかしどちらかとあえていうとするならば有酸素運動をおすすめします。

まず、一番の理由は誰でも手軽にできるところが上げられると思います。筋トレなどの無酸素運動は間違ったやり方をすると体の故障にもつながりますし、特に高血圧の方にはすすめられません。また疲労感も大きく長時間続けることはできません。その点、有酸素運動は体への負担が少なく、負荷の軽い運動であるため長時間続けることもでき、手軽で生活の中で習慣化しやすいというメリットがあります。

無酸素運動の方が基礎代謝量が上がり太りにくい体になる効果が大きいといわれますが、有酸素運動でも運動が習慣化することにより確実に基礎代謝量は上がり、体脂肪を燃やしやすい体になっていきます。

また、有酸素運動は心臓や肺を活発に使いますので心肺機能を高める効果もあります。糖尿病の改善で健康指導等で、まず一番にすすめられるのはウォーキング等の有酸素運動です。このように有酸素運動はダイエットだけでなく健康にプラスになることも大きいのでたいへんおすすめです。

【その他関連記事】


効率的な有酸素運動ならこちら