メタボを改善する食品を理解しよう

メタボ改善には日常の食生活にも気をつかう必要があります。
メタボ検診において高血圧、高血糖、高中性脂肪の3つを平常値に戻せるように努力する必要があります。

血圧を下げる食品

メタボ改善

高血圧をまねく要因はさまざまですが、
食事の観点から考えると塩分のとりすぎが大きな原因といわれています。

塩分をとりすぎると血液中の塩分濃度が高くなりますが、
この時、さらに塩分濃度が上がらないように調節しようとする体の働きにより、
水分が蓄えらて血液の全体量が増えます。

このため血圧が上昇するわけですが、これは腎臓が塩分濃度を薄めようとする体の作用なのです。

つまり血圧の上昇を抑えるためには。塩分の摂取を抑える必要があるわけです。
そのためには食事の味付けを薄味に変えていくことが効果的です。

また、血圧を下げる食品を意識してとることも効果的です。
カリウム・マグネシウム・カルシウムといったミネラルを多く含む食材は血圧を下げる効果が知られています。
その他にも血液をサラサラにする食材でも血圧を下げることができます。

ketsuatsu

血糖値を下げる食品

血糖値が高い人は特に早急な食生活の改善が必要です。放っておくと糖尿病になってしまいます。

糖尿病が発病する要因は1型、2型に分類されます。
日本人の場合は約95%の人が2型糖尿病といわれ、「肥満」、「運動不足」、「暴飲暴食」などの
不摂生なライフスタイルの乱れがおもな原因となって発病します。

2型糖尿病はあきらかに生活習慣病の一つだといえます。

しかし意識して規則的な日常生活を習慣化ができれば糖尿病になりにくい体をつくることができます。

糖尿病の完治は難しいといわれており、一生つきあっていくしかありません。
そうなる前に食事をコントロールしなければいけません。

食べ過ぎがよくないのはもちろんですが、食べる物にも気をつけましょう。
また食べる順番も大切です。同じものを食べるにしても、
食べる順番によっても血糖値の上がり方は変わってくるのです。
これは、野菜を先に食べると食物繊維が小腸に入り
糖質の吸収を遅くすることができるためです。

糖質の摂取は極力抑え、血糖値の上昇をゆるやかにする働きのある、
食品を食べる順番を考えながら多くとるよう心がけましょう。

血糖値を下げる食品

中性脂肪を減らす食品

中性脂肪が増加する大きな要因は、炭水化物や脂質の過剰摂取にあります。

白米が大好きという人は多いと思いますが、
残念ながら米やパン、麺類などはメタボの大敵といえます。
もちろん、お酒もその中に含まれます。
つまり、精製された炭水化物が中性脂肪の増加に大きな影響を与えているのです。

中性脂肪自体が悪いわけではありませんが、
中性脂肪が血液中に増えてすぎてしまうと、血がどろどろとなり、
動脈硬化の原因となるリスクが高くなります。

生活習慣病の予防はバランスの取れた食事から始まります。
中性脂肪の増加を抑えるためには食事を改善していくことが欠かせません。

コレステロール値が下がれば、血の流れも正常になることから
動脈硬化や心筋梗塞などの死につながるような生活習慣病のリスクを下げることにも役立ちます。

中性脂肪を減らす食品

【その他関連記事】


メタボ解消は、食生活の改善とともに有酸素運動が効果的です。
効率的な有酸素運動の代表といえばエアロバイクです。エアロバイクのサイクルツイスタースリムは室内で手軽に運動ができるのでおすすめです。