脂肪が燃えない理由 3つのNG

diet

ダイエットをしていても、なかなか結果が出ずストレスを感じることはありませんか?
自分が思ったように脂肪が燃えてくれないのです。
そこで脂肪が燃えない理由を大きく3つのNGとして分けてみました。

いくら努力をしても結果がついてこないといずれダイエットに挫折してしまいます。
ダイエットには結果出そうとを頑張りすぎて陥りやすい怖い落とし穴があるのです。

NGその1.食事が原因で脂肪が燃えない

ダイエット食事が大切と考えバランスを考えた食事を摂り、
運動も計画的にしているのに、思ったように体重が減らない人の場合、
食べたものが消化しきれていない内臓疲労の状態になっているのかもしれません。

前に時間の食事で食べたものの消化が終わっていないうちに、
次の食事をすると、体の防衛本能が働くことにより脂肪燃焼が進まず、基礎代謝が下がると考えられているのです。

食事バランス

逆に、昼食から夕食をとるまでの時間があきすぎても代謝が下がります。
これは、食事間隔があくことによる血糖値の低下が原因てす。

仕事の関係などで、毎日の遅い時間の夕食を気にして、
カロリーを抑えても、食事の間隔があまりにあきすきると、
体は軽い飢餓状態となります。

その状態をカバーするために、食事の吸収率が高まったり、
食欲が増大したりする、軽いリバウントの状態を毎日引き起こしている可能性があるのです。

また、夕食をダイエット食品に置き換えるカロリーを極端に抑えた、
置き換えダイエットや、炭水化物を摂らない、炭水化物抜きダイエットも危険です。

確かにこれらの方法は、最初のうちは体重が減るのですが、いずれ停滞期に入り、
そのうち同じように摂取カロリーは抑えているはずなのに体重は増えるという状態が起こります。

これをホメオスタシス効果というのですが、
人間の体は摂取カロリーが基礎代謝より少ない状態になると、基礎代謝をできるだけ抑えて、
飢餓状態から逃れようとする防衛反応が起こるのです。

内臓疲労を休めるためのリセット食としての数日間の炭水化物抜きや、プチ断食は有効です。
しかし日常的に、その状態が継続すると、人間の体は自らの防衛本能により基礎代謝を下げ、
脂肪を蓄えようとする働きをするのです。

NGその2.疲労が残ったままで脂肪が燃えない

疲労

運動不足解消やダイエットを考え毎日の運動を頑張っているのに、
体重に変化のない人もあると思います。
意外なことに、体の疲労が重なると、歩いた分の疲労回復が追いつがず
体の安全な状態を超えてしまっている場合があるのです。

このような状態になると、やはり基礎代謝をさげようと体の防衛本能が働いてしまいます。

体の慢性的に疲労状態にあるにもかかわらず、あまりに運動量にこだわっていると、
脂肪燃焼は思ったようには進まないのです。
こういう場合は、一旦体を休めて疲労回復に努めることが大切になってきます。

NGその3.筋肉がフリーズして脂肪が燃えない

まず最初に筋肉のフリーズがどういうものかというと、
肩こりなどように、筋肉が張ってしまって体が詰ったように感じる状態のことです。
実際にこの状態では血流やリンパの流れも悪くなり、代謝が下がってしまうのです。

この筋肉のフリーズ状態は、NGその1、NGその2と連鎖して起こります。
前述のように極端な食事制限や、体の疲労状態が重なると代謝は下がります。
これは体が自動的に筋肉の収縮を抑えて、消費エネルギーを制限しようとする場合があるからです。

さらに筋肉のフリーズとどこか一部分だけではなく、
太ももと腰まわり、肩や首周りという風に、複数の部位が連鎖しながら全身に広がります。

また、この筋肉のフリーズ状態は、食事や運動の要因だけではなく、
精神的なストレスでも起こるケースがあります。

このように、ダイエットの結果を早く出したいという思いのあまり、
基礎代謝の低下をまねき、いくら努力しても脂肪が燃えないという状態を引き起こしてしまいます。

ダイエットを成功させるためには体の防衛反応が働くような極端なことすることは控えることが大切です。

【その他関連記事】


サイクルツイスタースリムの脂肪燃焼効果はウォーキングの約3倍!一日10分でも効果を実感できます!疲労をためず効率的なダイエットならサイクルツイスタースリムがおすすめです!