エアロバイクvs.ウォーキングマシン徹底比較! 選ぶのはどっちだ!

エアロバイクとウォーキングマシンはよく比較され、手軽に室内でダイエットや運動不足解消ができる運動器具としてどちらもたいへん人気があります。そのためどちらを購入するか悩まれる方はいらっしゃると思います。

エアロバイクはいわずとしれた、自転車のようにペダルを漕ぐタイプの
室内に設置するサイクルマシンです。
かたや、ウォーキングマシンは電動ウォーカー、ルームランナーなどの
別名で呼ばれることもありますが、ここでエアロバイクと比較するのは、
歩行運動用に限定してウォーキングマシンと呼びたいと思います。

この二つの人気ダイエットマシンのエアロバイクとウォーキングマシンを
いろいろな点で比較してみました。

エアロバイクとウォーキングマシン

エアロバイクとウォーキングマシンが選ばれる理由

運動器具としてエアロバイクとウォーキングマシンが選ばれ、
また比較されるには理由があります。それはいくつかの共通点、
類似点があるからです。

まず一番の理由として、どちらも室内で天候や人目を気にせず手軽に
運動をしたい方に選ばれる点で共通しているのではないかと思います。

ダイエット目的で運動をする場合、継続するということはとても大切です。
室内で運動できるため、天候が悪く雨や風の日が続いたり、冬の寒い時期など、
億劫になって運動の継続がストップすることが無いというのは大きなメリットです。

また、エアロバイクとウォーキングマシンともに、走行距離や時間、
消費カロリーなどが表示できる高機能なモニターがついています。

計画的なダイエットを考えた時に、ただ漠然とウォーキングや
ジョギングをするよりも、効果的で運動意欲の向上につながるのではないかと思います。

いずれのマシンも、ちょっとした10分程度の生活の空き時間に簡単に
有酸素運動ができるという、生活の中での時間の効率化という点でも大変優れています。

エアロバイクとウォーキングマシンが選ばれる理由の共通点をまとめてみました。

■手軽に効率的な有酸素運動ができる。
■他人の目や服装を気にせずに運動ができる。
■年齢に関係なく誰でも使用できる。
■室内で天気に関係なく運動ができる。
■交通事故や夜間の犯罪に巻き込まれる危険性がない。
■消費カロリーや走行距離表示など様々な機能がある。
■ちょっとした生活の空き時間に簡単に運動ができる。

設置場所についての比較

室内で使用する以上、一番に考慮しなければならないのが設置場所についてです。
いくら効果があるものでも、置くことができなければどうしようもありません。
そこで、まずエアロバイクとウォーキングマシンのサイズについて比較してみました。

一般的に普及しているエアロバイクは【W500×D900×H1200】ぐらいが
平均的なサイズです。。

それに対してウォーキングマシンは【W600×D1000×H1100】ぐらいが平均的な
サイズとなり、エアロバイクと比較するとウォーキングマシンの方が一回り
大きいものの、いずれもほぼ同程度のスペースがあれば設置が可能です。

ただ、ウォーキングマシンの中には【W800×D1900×H1400】とかなり大きな
ものもありますので、設置スペースは十分に確認したほうがよいと思います。

しかしウォーキングマシンの中には使用しない時は折りたたんで立てかけて
置くことができるものがありますので、その場合はエアロバイクより省スペース
といえるかもしれません。

次に重量についてですが、エアロバイクが20~30kg、ウォーキングマシンが
20~60kg程度と製品によってはウォーキングマシンの方がやや重めといったところでしょうか。

エアロバイクは最低のものでも20kg程度で、さらに人が一人乗るわけですから、
結構な重量となります。ウォーキングマシンは本体が60kgなら総重量は100kgを
超えてしまいます。いずれの場合にしても床の安定性や耐荷重は十分に検討して
設置場所を確保することが必要です。

設置場所についての比較をまとめると以下のようになります。

■エアロバイクよりウォーキングマシンの方が一回り大きい。
■折り畳み式のウォーキングマシンなら普段は省スペースといえる。
■どちらも床の安定性や耐荷重について十分な検討が必要。

騒音についての比較

次に問題となるのが運転騒音の問題です。
一戸建の場合で問題となるのは家族への配慮、音の問題に同意が得られるか
程度のことだと思いますが、マンションなどの集合住宅の場合は騒音への
配慮は苦情に発展することも考えられるため、導入に関して
たいへんシビアな問題となります。

まずエアロバイクについてですが、ある程度の音はしますが、比較的静かといえます。
おおむね通常の音量でテレビを見ながら運動ができるレベルです。
しかし全く無音ではないので、深夜に使用する場合は同居の家族や、
マンション等では階下への配慮が必要です。

さて、ウォーキングマシンについてですが、駆動力としてモーターを
使用しているため、モーターの音だけでもエアロバイクと比較すると音は大きくなります。
電動式のウォーキングマシンが音がうるさいという点は住宅環境を考えた時に、
騒音が気になる方にとっては大きな欠点をとなります。

エアロバイクでは発生しない、ドシンドシンという衝撃音が必ず床に伝わります。
特にマンションなどにお住まいの場合、衝撃音という性質上、階下へその音が
伝わることを防止するために防音対策はかなりたいへんです。

現実には衝撃音が伝わることを防ぐのは難しく、徹底した防音対策をしないと
夜間の使用を避けたとしても迷惑騒音となり、苦情やトラブルの原因になる
可能性が高いと考えた方がいいでしょう。

ウォーキングマシンも高価格のものになれば、かなり騒音対策がされていますが、
エアロバイクと同一価格帯での比較となると、エアロバイクの方が静音性に
優れているといえます。

効果についての比較

エアロバイクとウォーキングマシンの効果を比較する上において一番参考にしたいのが
消費カロリーでしょう。

エアロバイクもウォーキングマシンもいろいろな種類のものがありますが、
基本的には一般的なエアロバイクとウォーキングとの消費カロリーの比較と
いうことになると思います。

ここでの比較は厚生労働省が定めた運動強度を示すための指標のMETsを使用しました。

消費カロリー

どちらも、運動をした時の消費カロリーを表示する機能がついていますが、
どこまで正確であるか判断材料がありません。あくまで参考値と考えた方がいいでしょう。

また、エアロバイクもウォーキングマシンも、負荷のかけ方によって消費カロリーは変わります。
一概にMETsでの比較で優劣はつけにくい面もありますが、ややエアロバイクの方が
消費カロリーが多いといえます。

さて、大きさと設置面積、騒音、消費カロリーと、ある程度数値として判断でき、
客観性のある点について比較してみました。

本サイトではエアロバイクの方にメリットが多いと判断しました。
ただ、運動には向き、不向きもあり、どちらが楽しいかという主観的な部分については
やはり個々人によって異なるところだと思います。


選ぶならウォーキングマシンよりもエアロバイク!そして人気のエアロバイクがこれ!筑波大学で共同開発されたサイクルツイスタースリムの消費カロリーはなんとウォーキングの約3倍!ダイエット用に選ぶなら迷わずおすすめします!
サイクルツイスタースリム