サイクルツイスタースリム メンテナンスのポイント

サイクルツイスタースリムを長く安全にご使用いただくためには定期的にメンテナンスをすることをおすすめいたします。メンテナンスは決して手間がかかるものではなくとても簡単です。

テンションベルトとエアーフライホイールのメンテナンス

テンションベルトのお手入れ

一番摩擦が激しい部分がテンションベルトとエアーフライホイールが擦れる接地面の溝のところになります。

この部分の手入れとしては、エアーフライホイールの車輪周囲の白い部分の溝全体に、自転車等に注油する潤滑油を、ウエス(布)等で薄くまんべんなく塗り込みます。この手入れをすることで摩擦で生じるテンションベルトの削れを防止できるため長持ちさせることができます。また、テンションベルトは消耗品で寿命があります。定期的に点検し、摩耗している場合や異音が発生する場合は速やかに交換してください。テンションベルト交換時は専用の交換パーツとしてテンションベルト3本セットが販売されています。

 

チェーンとギヤ部分のメンテナンス

フロントのギヤ

リヤのギヤ

この部分は自転車と同じように金属製のチェーンでペダルの回転をエアーフライホイールに連動しています。お手入れは自転車と全く同じで、定期的に潤滑油をチェーンとギヤ部分に注油してください。

 

各可動部分のメンテナンス

可動部分

各可動部分は常に大きな力がかかっています。特にペダルとハンドルバー連結部分のナットは、緩んでいると思わぬケガのもとになりますし、騒音や異音発生の原因にもなります。定期的に全てのボルト、ナット類がしっかりと確実に締まっているか確認をしてください。緩んでいた場合は必ず増し締めをしてください。また、全ての可動部分に定期的に少量の潤滑油を注油してください。

メンテナンスは自転車と殆ど変わりません。メンテナンスに使用する潤滑油は自転車用のものを選択してください。KURE5-56などの石油系のものは自転車のメンテナンスの場合と同じで基本的にNGです。すぐに乾いてチェーンなどは錆びやすくなります。また、フライホイールやペダルのABS樹脂部分や、本体の塗装部分につくと素材や塗装を傷める可能性がありますので使用を避けてください。

サイクルツイスタースリムはとても綺麗なホワイトカラーのスタイリッシュなエアロバイクです。フレームパイプ、ハンドルバーやチェーンカバーなどの外装部分も定期的に乾拭きし、ホコリを被らないようにしていただければ、美しい外観を保つことができます。

定期的なメンテナンスで快適なエアロバイクライフをお楽しみください。

【その他関連記事】